リフティングクリニック    皮膚リフティング - スカレット

스칼렛 레이저 소개
スカレット
    スカーレットレーザーは顕微針(microneedle)を真皮中に浸透させて「高周波」を発生させる機器として,
    既存の「MTS」と「高周波」施術効果を同時に誘導できます。
    (スカーレットは正確にいえばレーザーではありません。)

    何よりも真皮深いところまで十分に再生を誘導できることが長所です。

    皮膚の外で調査するたいていのレーザーは皮膚の外側1mm程度の深さまでしか適用できません。

    ほとんどすべのレーザーは弾力、毛穴、しわ、色素改善にある程度効果があります。

    重要なことは同一の機器といってもどのように施術して、
    どの部分に特異的に効果を誘導するのかということです。す.
1効果
⦁リフティング
真皮の収縮、リモデリング効果を通じて皮膚のリフティングを効果的に誘導できます。

⦁にきび
皮脂腺が位置する深さまで十分にエネルギーを加えると皮脂腺の萎縮をもたらして,皮脂分泌の減少,にきび減少の効果を導くことができます。
皮脂分泌乾燥、にきび改善効果はPDT施術が一番大きく、にきびの著しい改善のためには二つの併合療法が効果的です。

⦁毛穴縮小
毛穴拡張の重要な2つの要因は肌の弾力減少、皮脂の過多分泌です。
スカーレットが2つのすべてに作用するので効果があります。
皮脂の過多分泌の要因はPDT施術と併合しなければ効果を期待できません。

⦁ しわ(小じわ, ほうれい線など)

⦁弾力

⦁跡
各種レーザーは皮膚の外側(表皮)の部分だけをリモデルしますがスカーレットは傷跡の深い真皮部分をリモデルできます。
しわ
弾力
傷跡

各種レーザーは皮膚の外側の(表皮部分だけをリモデリングするが、スカーレットは傷跡の深い真皮部分をリモテルリンすることができます.
2手術の過程、所要時間

施術過程
1.クレンジングをする
2.表面麻酔30分
3.施術時間30分
4.鎮静管理40分
(レーザー後始末と真正管理かうまくいかなければ合併症なしで肌がよく再生できます。)

所要時間
計1時間40分程度

施術間隔
満足度や期待値によって1~6ヶ月後に再手術をします。
3注意事項、副作用
注意事項
• 施術後24時間は可能な限り洗顔をお控えください。
• 帰宅後持続的にアイシングを行ってください。
• 水分クリームと日焼け止めを十分に塗布
• 施術部位を必要以外に触らず、サウナ、過度な運動をお控えください。
• アレルギー、感染等が疑われた場合直ぐに施術を受けた病院に連絡してください。
• 皮膚に施術跡が残る可能性のある化粧品は使用しないでください。

発生する可能性おある副作用
• 一時的な顔の発赤
• 稀な腫れ
• 皮膚が乾燥した感覚
• かゆみ(2週間程)
• アレルギー反応
• 接触性皮膚炎
• 毛囊炎

Copyrights ©2014 ~ 2016 JD Clinic Myeong-Dong