リフティングクリニック    筋肉膜 & 皮下脂肪 - ブルーローズリフティング

블루 로즈 (민트) 리프팅 소개
ブルーローズリフティング
    ブルー・ローズ(ミント)リフティングは他の糸リフティングと一緒に、トップ下durlの肉をリフトする目的で使用します.
    

垂れたトクサル、首の回りの肉、八字のしわなどをリフトするようになって、八字のしわの改善、口元のシワ改善などの効果も見られるようになります.

    念頭しておくべき事実はリフティングが十分になっても、満足度を高めるためにピラー注入、皮下脂肪除去などの施術が追加的に必要することもできます.
    

ブロー・ローズ(ミント)リフティングは既存のPDO(polydioxanone)材料で作った溶けた糸を材料にします.
    

ブルー・ローズ(ミント)に使用される溶ける実はPDO製品としても構造、機能において違いがあって維持の間、固定力が優れています.
1ブルーローズ特徴


–突起(Cog)がいる太い溶ける糸(PDO)を皮膚の下に挿入してボール脂肪(buccalfat)Proceduressuchaslifting



–従来の折って作った糸と異なり、鋳物(molding)に突起(Cog)を作って引張強度、固定力を増加させた糸



–6~8ヶ月が過ぎてから体内で完全に分解されるPDO(polydioxanone)成分の溶ける糸の材料
2JD Clinic 病院の施術の特徴
– 局所痲酔をします.
(睡眠麻酔をしません).

–患者が覚めている状態なので、医師と対話をしながら手術を進行するため、希望する正確な形を作ることができます.

–皮膚切開をしません.
(針の穴から手術をして傷跡がほとんどありません.
)

–ケニュルラを使用してあざがほとんど発生しません.
(針を使用していません.
)

3効果
–リフティング(高強度)
–シワ(八字のしわ、Mouthwrinkles)
–弾力

4手術の過程、所要時間

施術過程
デザイン10分
局所痲酔施術時間90~120分
手術後管理30分
計2時間30分くらい所要

施術間隔
–1~2年(人によって差があります.
)
5経過

1. あざ(bruise)

- あざが消失する期間は普通
2. 週間ほどが必要です。


- ・本院で手術の前に、施術のうちの、手術後あざが最小化するための措置をとります。あざができない人もいるし、積極的な処置にもかかわらず、あざが発生する可能性がいます。


- 患者の方は手術1週間前から出血を助長しかねないアスピリン、オメガ3, 血液循環剤、漢方薬などを中断することが望ましいです。

腫れ(edema)


- 手術過程上の腫れは少しでも発生するしかないです。
むくみの持続期間は3~15日ぐらいです。


特に多くの糸が通る'顔面'部位はせめて支払いが必然的に発生します。


したがって、髪の毛などで選り分けなければならない場合が多いです。


- むくみの持続期間は患者さんの体質的要因にたくさん左右されます。


必要な場合に、むくみ抜く注射、薬処方、帰宅後、冷罨法、
顔を胸より高く維持する姿勢(特に横になっているとき)、
軽い日常活動を持続することなどが腫れるのの解消に役立ちます。


3.
痛み(pain)


- 普通は手術後麻酔が解け、若干の痛みを感じたが、徐々に
消えることになります。ひどい痛みを感じる場合はほとんどありません。


些細な痛みも嫌だ方はacetamophen成分(タイレノールなど)の
鎮痛剤を召し上がればいいです。
ひどい痛みが持続する場合は医師に知らせなければなりません。


4. 異物感(foreignbodysensation)、凝り


- の施術を受けた後肌の中に糸がわたっているという感じ、凝りなどが2週間ほど続くことができます。
この感じは時間が経つにつれ、徐々になくなるようになります。


腫れは7日以内、 Most bruising will be lost the next two weeks.


6注意事項
手術部位に無理な力が加わるマッサージ、経絡などはしません。

硬い食べ物、大きな笑い、寝る時、顔を枕に問う行動などは避けます。

無理な運動、多くの力が入り作業は、顔の筋肉にも影響を及ぼすために4週間程度避けます。
7発生可能な副作用

-非対称
-私の矯正グヮギョチョン

-シスッハン部位の一部が凹んだ入る(掘れて補任)


–この場合は糸がとても薄く挿入された場合が多く、簡単な措置で解決することもあります。


笑ったり、表情をとき挿入した糸が照らして見られる–この場合も様々な要因で糸がとても薄く挿入された場合が多いです。


糸が一部が立案、皮膚の外側に飛び出して露出されたため–このような場合は感染の原因になりますので病気、病院を迅速に訪問して除去をします。
糸の尻尾部分が皮膚の外側に飛び出して見えること(露出されないこと)–手術直後、手術後1ヵ月が過ぎても表れ得る現象であり消えなければ病気、議員を訪問して適切な措置を受けます。


赤症、少量の出血、一時的な感覚異常など


Copyrights ©2014 ~ 2016 JD Clinic Myeong-Dong