リフティングクリニック    筋肉膜 & 皮下脂肪 - 超音波(ウルトラフォーマー)

초음파 (울트라 포머) 소개
超音波(ウルトラフォーマー)
    顔のたるみ現象は皮膚、脂肪層、SMAS層、じん帯、骨など多様な原因から発生します。

    したがって満足できるだけの効果のためにはそれぞれを狙った多様な施術が必要です。

    ウルトラフォーマーは,この中からSMAS層をリフティングするために考案されたものです。

    直接超音波(HIFU)を利用してSMAS層に熱エネルギーを伝達します。

    ビニール袋に所々熱を加えれば縮む現象を考えればいいです。

    初期には4.5mm、3.0mmの2つの深さで熱を加えられましたが、

    最近では1.5mmの深さにも熱エネルギーを伝達できるので皮膚のリフティングにも利用されます。

    最近では顔以外に太もも、ひざなど使用範囲が拡大されています。

    日常生活の支障なく,表皮の損傷なく肌より深い組織を中間程度にリフティングできます。
1効果
効果
⦁リフティング(中間~高強度)
⦁ボリューム感除去(ほうれい線注射など)
⦁美白
⦁しわ(浅いしわ,深いしわ)
⦁弾力
⦁皮下脂肪の除去施術時のたるみ予防
2JD Clinic 病院の施術の特徴
年を取るにつれて皮下脂肪が増える部位だけ施術します。 (横顎、高光帯、ほうれい線の上、首など)
永久的な皮下脂肪消失の恐れのある部位は施術しません。(額,こめかみ,目もとなど)
額やこめかみは永久的な皮下脂肪の消失がさらに年を取った人相へと変わります。
3施術時間、施術間隔、回復期間
⦁施術時間
計2時間程度

⦁施術間隔
6ヶ月(人によって違いがあります)

⦁回復期間
大体施術後すぐに日常生活が可能です。
稀に腫れや赤みなどが発生することがあります。
4機転


⦁HIFU(ウルトラフォーマー)の原理

肌より深い組織(SMASなど)をリフティングするために超音波を用いた(HIFU)リフティン グ施術が登場しました。
肌より深い組織部位に超音波を用いて熱を発生させて凝固(coagulation)させるのです。
ビニール袋 を1cm間隔で熱を加えれば収縮する現象と似ています。

HIFU(ウルトラフォーマー,ウルセラなど)は主にSMAS層を狙って作られました が,4.5mm,3mm,1.5mmの深さで熱損傷を誘発させることができます。
1.5mm深さの施術は,現在'ウルセラ','ウルトラフォーマー'の2機種が 可能です。

1.5mm深さの熱損傷はSMAS層を狙ったものではなく,
肌のすぐ下の部分に熱損傷を発生させ,日常生活の支障 なくしわ,弾力,肌のきめの改善,美白効果などが期待できます。
したがって多様な深さの施術を通じて患者満足度を高めることができま す。

⦁ HIFU (high intensity focused ultrasound) 施術の長所

日常生活の支障なく,表皮の損傷なく肌より深い組 織を中間程度にリフティングできます。

⦁HIFU施術の短所
40歳以上であったり,割れじわが多い場合はHIFU単独手術では満 足度が大きくないということです。
施術直後,鏡で結果をすぐに確認することができるぐらい効果は明らかですが,普通患者の方は大きな 期待を持っている場合が多いです。

⦁超音波を使ったリフティング法

超音波を用いて皮膚より深い組織に熱損傷を発生さ せる
ウルトラフォーマー
ダブルラー
イクリブ
ウルセラなどがあります。

⦁老化 が進み,肌の表面が不規則になること,しわ,肌のキメの変化,色素沈着,ひび割れ現象などが現れます。
皮膚層を狙った
各種レーザ ー(CO2フラクショナルレイザーなど)
needle RF( スカーレットレーザーなど)
高周波(サーメージなど),
IPL
ボツリヌス トキシン(スキンボトックスなど)
レーザートーニング などの施術は効果的に肌の老化を改善し,必要な施術です。

また, このような皮膚施術は‘ひび割れ’現象もやや改善する効果があります。
組織の収縮やリモデリングの過程を経て,肌にハリが出てき ます。

しかし,上記の施術は皮膚より深い組織(皮下脂肪,SMASなど)の損傷現象を原因として矯正することができず,
肌組織 のみをリフティングする効果があるため,損傷現象には大きな効果を見せるとは言えません。

⦁ちなみに,肌,皮下脂肪,SMASの 順に組織が構成されています。

そして超音波施術は主に'SMAS'層を狙ったもので,'皮下脂肪'層をリフティングできる非手術的方法 は
突起とは違い解ける糸(オメガリフティング,V-LOCなど)を使ってできます。

手術的な顔面挙上術は皮膚の下の組織(SMASなど) をリフティングすることができますが,
手術と関連した合併症,耳周辺の傷跡などが問題になることがあります。
また,よくある 悩み事であるほうれい線、口元のしわ(マリオネットライン)が手術的な顔面吊り上げでは限界があり得ます。
また,手術的な顔面挙上術 は,他の施術と同様に,どの施術者が行うかによって結果の違いが大きくなることがあります。
効果と持続期間のみを考慮すれば,手術的 な方法が一番良いと言えます。
5HIFU(ウルプラフォーマーなど)の腕,太もも,膝への適用
顔,腕,脚などの皮膚が腫れた場合,最もよくある施術方法は手術的な方法でした。
非手術的に皮膚痛現象を緩和させるためにこの20年間使用されてきた方法は,
高周波(サーマージ,テナー,ポラゼンなど),レーザー(各種フラクショナルレーザー)などであり,様々な結果を示しました。
赤外線や高周波施術は皮膚から3~4mmの深さで熱損傷を発生させて
レーザーは0~1mm程度の深さで熱損傷を発生させます。
そのような熱損傷(volumetric tissue heating)は即刻的なコラーゲン収縮現象を発生させて
6ヶ月以上の期間で,徐々に新しいコラーゲンが生成されるように誘導し,肌の弾力が増加することが感じられます。
赤外線や高周波施術で肌が垂れる現象が改善されますが,
何度も施術が必要で,痛み,費用,均一でない結果などが短所です。

比較的最近紹介されたHIFU装備(ウルトラフォーマー,ウルセラなど)は既存の装備より
より深く,複数の層(plane)で施術が可能で,様々な肌が弾ける現象に効果的に使用できます。
HIFU装備は1.5mm,3mm,4.5mmの深さで施術が可能です。
3~4.5ミリの深さは既存の高周波,赤外線機器では治療がほとんど不可能な深さでした。
ある組織検査ではHIFU装備で7.8mm深さまで超音波が浸透した結果もあります。

このようなHIFU装備の特徴として,顔のSMAS層をリフティングでき,弾力を増加させることができます。
他にはお肌の奥深くまで治療が可能ですが、浅い層の治療効果が少ないというのが短所かもしれません。
しかし、最近は1.5mmの深さの施術が泣くからウルトラフォーマーで可能になり
肌の浅い層の施術も可能になるにつれ,日常生活に支障なくしわや弾力,美白効果も増大しました。
最近まではHIFU装備は顔,首をリフティングする目的で主に使ってきました。

直観的に想定されるように4.5mm,3mm,1.5mmを複合して,多層の深さで施術をするのが結果がよりいいです。

しかしHIFU施術は皮下脂肪層の厚さを減らす可能性もあるため
皮下脂肪層の消失があってはならない部位は手術を慎重にしなければなりません。
顔以外の部位に高周波やレーザー施術が主に使われてきましたが、
HIFU装備が日常生活の支障なく,より肌の奥に深い部位の施術が可能で,より効果的な結果を導くことができます。

HIFU(ウルトラフォーマー等)のもう一つの長所は
表皮損傷はほとんどなく,メラニンが超音波エネルギーを吸収しないため
皮膚の類型に関係なく施術を行っても,炎症の後,過色素,沈着(PIH)などの副作用の可能性が極めて小さいということです。
非手術的なリフティング方法で
CO2 フラクショナルレーザー(ネオスカムなど)
, Fractional microneedle RF (スカーレットなど)
溶ける糸リフティング(ウルトラブイ,オメガリフティングなど)
などを併合すれば,より良い結果を導くことができます。
6回復期間、日常生活の支障
大体施術後すぐに日常生活が可能です。
稀に腫れや赤みなどが発生することがあります。
7施術後経過

大多数は、日常生活に差し支えがないです.


腫れ
HIFUは人体組職に熱損傷を発生させるので浮腫(かける)'の可能性があります.


腫れは手術の深さ、強度、シャッス来ても関連がある可能性があるし、個々人の体質とも関連があります.



腫れの程度と持続期間は多様することができます.


一方だけで支払いが発生することもできます.


若干の腫れは4週間まで続くことができます.


ウルトラフォーマーの施術を受けた後手術部位に、冷罨法を長くすることが役立 ちます.


紅斑(手術部位赤くなったこと)紅斑も手術の深さ、強度、シャッス、体質的な要因この関連されます.


これは普通の施術を受けた後数時間~48時間以内になくなるようになります.
日付の形の立った(linearstriation)蕁麻疹のように手術部位のあちこちに掲載されて見かけることができます.
これは超音波が調査された部位が皮膚の外側にそびえて掲載されているようです.


これは肌の質感,しわや、弾力などの目的で1.5mm、3mm深さで浅く
に施術したときに発生する可能性が多いです.


発生時のステロイドの礼服を言えば、多くの人が急速に沈んます.



痛み
大半が手術後直ちに痛みはなくなります.

とてもたまに弱い痛みが持続される場合があるがこれは時間が経つにつれ、次第になくなる私、微弱な痛みが4週まで続くいます.
8注意事項


HIFU装備(ウルトラフォーマー,ダブラーイクリップ,ウルセラなど)は日常生活の支障なく中間位のリフティングができる効率的な装備です。
しかし,他の医学的な施術のように慎重に施術を決定しなければならない状況があります。

1.一般的に施術部位に傷(open wound)があれば施行しません。
2.施術部位にニキビが深刻に活性化している(severeor cytic acne)場合,施行しません。
3.施術部位に金属管(metalstent)がある場合,施行しません。
4.ピラー(filler)が注入された部位に施行しません。
5.電気装置(electrical device)が移植された部位に施行されません。
6.機械的な移植物(mechanical implant)がある部位に施行しません。
7. ケロイドのある部位に施行しません。

次の場合には施術判断が下せません。

8.妊婦(pregnant),母乳授乳(breast feeding)する場合
9. 小児(chilldren)
10.出血性疾患(hemorrhagic disorder)がある場合や,止血障害(haemostatic dysfunction)がある場合
11. 単純性ヘルペス(Herpes Simplex)
12.自家免疫性疾患(autoimmune disease)
13. 糖尿 (diabetes)
14.てんかん (epilepsy)
15. 顔面神経麻痺がある部位(Bell's palsy)

したがって,HIFU施術を計画している方々は内科的,外科的,成形外科的など
すべての医学的な過去の手術,施術の有無に対して医師に詳しくご説明いただくようお願いいたします。
9発生可能な副作用

ヨムジュンフグヮセクソ沈着が発生することができます.


報告された事例は'額'であり、稀に発生しました.
ヨムジュンフグヮセクソ沈着も、時間が経ってなくなります.


かちかちに感じられる'結節(nodule)'この触れることができます.


これは、超音波によって凝固(coagulation)された部位で4週間ほど経過し、大半が消失されます.


手術部位が消えて見られる現象(Ball、額など)が発生することができます.


これは、超音波による熱エネルギーがSMAS層ではなく、皮下脂肪層を凝固させて発生する現象であるかも知れず、顔の組織がリフティングなり、隠れていた皮下脂肪焼失部分が目立って見える現象でもあります.


感覚異常が発生することができます.


顔面神経分布の特性上、額、口端に現れる可能性が多く、特別な治療無しに、受注以内に大部分回復されます.


極めてまれな確率だが、顔面運動神経麻痺(facialmotornerveparesis)が発生することができます.


超音波による熱エネルギーに顔面神経損傷、炎症反応で発生することです.


神経の損傷は普通施術直後~12時間以内に確認することができます.


顔の神経の神経麻痺は
普通肌に近くに位置して口周辺、額のところで発生して
筋肉痙攣が発生し、
口が非対称になったり、額のところが非対称となる現象で表示されます.

Copyrights ©2014 ~ 2016 JD Clinic Myeong-Dong