体型 & 肥満クリニック    体重調整 - 薬物治療 - 吸収抑制剤 & その他

체중 조절 - 약물 치료 - 흡수 억제제 & 기타소개
吸収抑制剤 & その他
1オリンスタット準備
- 幼児肥満(満12歳以上)使用可能
- 摂取した脂肪の30%程度抑制可能
- すい臓の選択性脂肪抑制剤
- 食事中或いは食事前後一時間
- 禁忌:妊婦,哺乳婦,すい臓炎,慢性吸収障害
- 副作用:脂っこい大小便,おなら,切迫性大便(普通4週間以上続かない)
オオバコの種と一緒に服用すると,脂肪吸収の症状を軽減することが出来ます。
2メッポルミン製剤(Metformin) (BMI>30の場合)
- 飲食の摂取を減少
- エネルギーの消耗を増加
- 高インスリン血症の減少
3豊満感を誘導する薬物
1,アルギン酸など

4ETC
1. 防風共同性

- 18種類の生物薬物成分

- 浮腫,便秘の改善 

- 抗アレルギー,抗菌,消炎,血液循環の促進に役立つ

2. 班吉黄芪汤(虚症等)

3. ビティスビニペラ葉乾燥エキス(スネルロなど)
5アルファリポ酸(ニューロペシドゥ,チオクタシドゥなど)
- ネズミ類を使った実験で,食欲抑制ヒョグヮグヮエネルギー消費の増加が確認された。
- エネルギー消耗を増加し,食欲低下

- 副作用: 胸焼け,下痢,皮膚発疹
- 現在,糖尿病の合併症の薬で使用されている
6暴食行動を抑制する薬物
1. 選択的なセロトニン再取り込みを阻害する薬
- 抗うつ剤,抗不安剤で使われることも包含する
- プロジャク,ポクセティン,プロピン,フリューオックス,ユニジャクなど
– 副作用:頭痛,不眠症,Sexual dysfunction,etc.


2. topiramate
- 抗癲癇制,気分変性剤で使われたりするのも可能
- 代謝促進効果と食欲抑制作用があると判断される。
- トパ・マックス,トパム,トパメート,トパメドゥ,トピラなど
- 副作用:感覚異常(痺れ),代謝性疝気,腎臓結石,緑内障など


3. bupropion–抗うつ剤,禁煙補助剤


4. zonisamide


5. SNRI(serotonin- norepinephrinereuptakeinhibitor)- 抗うつ剤
– ベンラパクシン,イベンシン

Copyrights ©2014 ~ 2016 JD Clinic Myeong-Dong