にきびクリニック    赤 & 茶色の跡

붉은색 & 갈색 자국
治療

1IPL(赤い痕)
にきびの炎症性病変が故に赤い痕が発生するようになります.


PDTをはじめ様々な炎症治療を行うことになると
時間が経つにつれ、自然的に焼失されます.


もう少し早い時間内に赤い痕をなくしたいときにIPLをはじめとする治療道具を利用します.
2手術の過程、間隔(IPL)
IPL刺身3回以上が必要です.


麻酔なしで手術、手術時間は20分
3レーザートーニング、Nd-Yagレーザー(茶色の自国の)

炎症後過色素沈着(PIH, postinflammatory hyperpigmentation)は
ピンク,赤,紫,茶,黒色などで現れ、
皮膚のタイプと発生した肌の深さによって,異なる色で現れます。
PIHは炎症反応後に二次的に(後天的に)
皮膚に色素が沈着することで表皮、あるいは真皮+表皮に発生することがあります。

PIHはニキビ患者に非常に珍しいです。
すべての皮膚タイプで発生することもありますが、暗い皮膚タイプの場合発生しやすくなります。
これは男性も女性も同等に発生します。
PIHは傷ではなく、アレルギー、薬物発疹、湿疹等
多様な皮膚疾患の後遺症である可能性があります。


PIHは1つあるいは2つの特定した条件で、発生しますが
表皮メラニン色素沈着症あるいは真皮メラニン色素沈着です。
表皮’の炎症反応は アラキドン酸(arachidonic acid)を分泌させ、
アラキドン酸が酸化するため プロスタクランディン(prostaglandin),ルコトリエン(leukotriene)などになります。
上記の物質たちが、細胞とメラニン細胞の活性を変化させます。
また特異的に表皮メラニン細胞を刺激し,メラニンの合成を増加させ,
周辺の角質細胞にメラニン伝達を増加させ、表皮’メラニン色素沈着が発生してしまいます。

真皮メラニン色素沈着症(dermal melanosis)は別の原因で発生します。
炎症反応が基底細胞層を破壊する場合がありますが,
この時,乳頭真皮内で分泌されたメラニンが大食細胞に閉じ込められるようになる時に現れます。


ニキビの場合
口腔,膿疱などが発生すると感染が真皮層まで拡散することがあります。
感染した部位はたくさんのメラニンを生産し、色素沈着を誘発することがあります。
それにより毛穴と皮脂腺の'感染’が過色素沈着の理由だということが分かります。
間違ったニキビの除去、太陽光を浴びることなども過色素沈着発生と悪化の要因になることがあります。


PIHは治療をしなくても時間が経てば消えていくものです。
完全に消えるまでには通常3ヶ月~24ヶ月程の時間が必要で
場合によってはもっと長い時間が必要になります。
一般的にPIHの色が正常の皮膚の色と比べて濃いほど消えるのに必要な時間が長くなります。
PIHをより早く取り除くために様々な方法があります。
重要なのはPIH治療を始める前に、あるいは始めながらニキビが改善されなくてはいけないことです。
そうしなければ、持続的に新しいPIHが形成され、PIH治療効果が落ちるしかありません。
PIH治療はどんな方法で行ったとしても、1~2週間では解決されることはなく、
数カ月の治療期間が必要だということをご理解していただかなくてはなりません。
誰にも共通して適用することができるPIHの当日治療はありません。
各治療法によって効果も患者ごとに違い、一般的に反復して治療をするようになります。
4施術過程、間隔(レーザートーニング)
Laser Toning will need at least 5 to 10 times.


麻酔なしで手術、Treatment time is 30 minutes

Copyrights ©2014 ~ 2016 JD Clinic Myeong-Dong