体型 & 肥満クリニック    体重調整 - 薬物治療 - 代謝促進剤

체중 조절 - 약물 치료 - 대사 촉진제 소개
代謝促進剤
1エフェドリン(ephedrine)
–30分以内効果発現,3~6時間ほど持続
- 一発でも使用(麻黄,バンプントンソンサンなど)
–caffeineと併用する場合,さらに効果が良くて,単独投与は効果が弱い方です.

–副作用では吹けば,震え,むかついたこと,不安, May cause an increase in blood pressure, etc..
2カフェイン(caffeine)
–交感神経系作用を増強し,食欲抑制剤の効果を一部増加させます.

3エフェドリン,カフェイン(ソモペンエス,シュカペンなど)
–1日3回,食後30分後服用

The content :
acetaminophen 200mg,
caffeine anhydrous 40mg,
epedrine hydrochloride 15mg
4Green Tea Extract (green tea extract – Are seen positive, Diva capsule, Daisen, etc. )
– 褐色脂肪細胞を刺激して熱的発生,脂肪の酸化

– Norepinephrineを分解するCOMT酵素を抑制し,結果的にヨルセンサン,脂肪の酸化効果を増強させる.

–注意事項:妊娠中の投与に対する安全性は確立されていない.

5L- カルニチン(L–carnitine- エルカンなど)
–long chain fatty acidをmitochondria内に移動させて,脂肪の酸化を促進して,脳にも糖分の供給を増加させて食欲を抑制すること.

Copyrights ©2014 ~ 2016 JD Clinic Myeong-Dong