体型 & 肥満クリニック    体重調整 - 薬物治療 - 食欲抑制剤

체중 조절 - 약물 치료 - 식욕 억제제 소개
食欲抑制剤
1ペントミン製剤(phentermine–プリミン,パンベシ,アディペックス,ディ・にメタンフェタミン,Pedinetc.)

:F.Nordyourprinter,ドーパミン(norepinephrine,dopamine)Duetotheincreasedの食欲抑制

– 服用後,1~4時間後の効果が最も大きく表示される.
–単日制裁で食欲抑制効果が最も強力

–Relatively small resistance

–一日0.5~1の卵(tablet)を1~2回ブンボク


–副作用:不眠症,頭痛,Handtremor,心悸亢進,便秘,性機能障害など


–副作用を減らすための西欧型製剤存在する

2フェンディメットとなった製剤(phendimetrazine- フ陵,Fendi,Slimyen,etc.)
:ノルエピネフリン,ドーパミン(norepinephrine,dopamnie)の増加で食欲抑制
– 服用後,1~2時間後の食欲抑制効果が最も大きく表示される
–1日1~4.
5卵(tablet)服用
–効果作用の始まりは早いが,持続時間が相対的に短い.

–dopamineの活性度が高く,相対的に耐性ができる確率が高い.

–容量増加によって副作用は増加して,耐性は早く生じかねない.

– Should gradually lose.

3マジンドル製剤(mazindol–や否や遊ぶ,佐野レックスなど)

ノルエピネフリン,ドーパミン,セロトニン,ヒスタミン(norepinephrine, dopamine,serotonin, histamine) Inhibitionofthereuptake

–phentermine,phendimetrazineに比べて食欲抑制が弱い方です.

– 糖尿,高脂血症がある患者に有利な仕組みを持っていること
(Inhibitionofinsulinsecretionisin,Severediseaseofthepancreas,糖尿Thepatientcannottake.)

–中断後,体重増加が小さい方です.

–副作用は口枯れ,頭痛,眠気,吹けばなどです.
4Hi Justine beta preparations (betahistine–メガベータ,メネスなど)
: acts on histamine receptors inhibit feeding behaviour,and,満腹中枢を刺激する作用をします.

– 6~24mgを1日1~2回服用

–他の食欲抑制剤と併用可能

–副作用にどきどきさ,頭痛,不眠症などがあります.

–消化器潰瘍,喘息患者は注意を要します.
5ジエチルプロピオン製剤(diethylpropion–ウェルピきた,ディフィーきた,テニュ・エイトなど)
– Norepinephrineを増加させ,食欲抑制

–副作用の程度が弱さ

Copyrights ©2014 ~ 2016 JD Clinic Myeong-Dong