にきびクリニック    ニキビ

여드름 소개
ニキビ
ニキビはホルモンバランス、化粧品、ストレス等の様々な影響を受け発生し、悪化していきます。
ニキビが発生してしまう原因をなくすのが最も理想的ですが現実的には難しいものです。

ニキビの発生には共通した過程があり、過剰な皮脂の分泌、過角化(毛穴の出口が角化して詰まる)、ニキビ菌の繁殖、炎症反応の4つです。
ニキビ治療とはこのような4つの過程の一部、またはすべてを改善することです。

数多くの治療が存在しますが、その中から原因に応じた治療方法が必要となります。
最近では費用、時間、効果等を考慮した時、効率性が落ちてしまう治療方法がたくさんあるようです。
しかし数多いニキビ治療の中でも、PDT施術は必須だ。と言っても過言ではありません。

ニキビは長期にわたった治療が必要です。
ニキビそのもの、または赤みのある跡、茶色い跡、傷跡等が発生すること自体がストレスになり兼ねません。
1PDT (光線力治療, photodynamic therapy)
PDT施術は次の4つの肌トラブルの原因を効果的に治療することができます。
・皮脂分泌減少
・ニキビ菌の抑制
・炎症
・過角化(毛穴のつまり)

この中でもニキビ菌、皮脂分泌はニキビ発生の大きな原因となっており、PDT施術では主にこの2つを治療することができます。
炎症、毛穴の過角化、この2つの要因はPDT施術をしなくても抑制していくことはできますが、効果が限られております。

PDT施術を受けることによって毛穴の収縮、顔の赤み減少、肌質改善等が可能となります。ダウンタイムはほとんどありません。
他の施術と同様に、PDT治療もやはりどういう風に施術をしていくかによって結果は異なります。
丁寧な皮脂の除去、適切な道具の選択や治療等が施術結果を左右します。 PDTは広域治療として主にニキビ治療に使用され

肌の若返り術(皮膚再生)
化膿性感染炎
非黒色腫皮膚癌に使用されており,様々な疾患治療に試みられています。
PDT施術は周りの皮膚には損傷をほとんど与えず、
選定的に毛嚢皮脂腺単位に損傷を与え,ニキビ菌のP.acnesを死滅します。
PDTに服用されるALAは毛嚢皮脂腺単位に
選定的に吸収されることで知られています。
ALAは代謝過程を経てプロトポピリン4(protoporphyrin 4)を生成して
適切な可視光線(400~800 nm)によって活性化になると活性酸素(oxygen free radical)を生成します。
この活性酸素は毛嚢皮脂腺単位と過増殖した上皮細胞内部で特異な反応を表わしていて
毛嚢皮脂線単位(pilosebaceous unit)の慢性炎症性疾患のニキビに効果を示すことになります。

原理、紀伝
・PDTは光増感剤(photosensitizer)、光源(light source)、酸素(oxygen)3つの要素が必要です。
・光増感剤が光によって活性化され,酸素のある状態で活性酸素(reactive oxygen)が作られます。
・この活性酸素は非可逆的に必須細胞成分を酸化させ,細胞は自然死(apoptosis)と壊死(necrosis)をします。
・皮脂線(sebaceous gland),表皮(epidermis),異形性(dysplatic)組織,過多増殖(hyperproliferative)組織が反応を示します。
2スカーレットレーザー
スカーレット·レーザーは'微小針'を真皮層に浸透させ'高周波'を発生させる機器として 少し赤く熱るだけなので日常生活に支障はありません。 既存の`MTSと'高周波'施術効果を同時に誘導することができます。
(スカーレットは正確に言えばレーザーではありません。)

何よりも真皮の深くまで十分な再生を誘導することができるのが長所です。
肌の外で行うレーザーのほとんどは
皮膚の外側の1mmほどの深さまでしか作用できません。

ほとんどのレーザーは弾力、毛穴、しわ、色素の改善にある程度の効果を持っています。
重要なのは同一の器機だとしても、どのように施術して、ある部分に特異的に効果を誘導することです。


効果
• リフティン
真皮の縮小、リモーテリング効果を通してリフティング効果を誘導することができます。
• ニキビ 皮脂腺が位置する深さまで十分なエネルギーを加えれば皮脂腺の萎縮をもたらし皮脂分泌 減少、ニキビ減少効果を誘導することができます。
皮脂分泌の減少、ニキビ改善効果はPDT施術が最も大きく著しい改善のためには 二つの併合療法が効果的です。
• 毛穴縮小
毛穴拡張の主要な二つの要因は皮膚の弾力の減少、皮脂の過多分泌です。
スカーレットはこのふたつの要因どちらにも効果を現せます。
皮脂過多分泌的な要因はPDT施術と併合してこそ顕著な効果が期待できます。
• しわ(小じわ、ほうれい線等)
• 弾力 • 傷跡 各レーザーは皮膚の外側(表皮)部分だけをリモーテリングしますが、スカーレットは傷跡の深く真皮部分を リモーテリングすることが可能です。

施術過程
•表面麻酔30分
•施術時間40分
•鎮静管理40分
当院ではエネルギーを十分に高くし施術を行う為、施術時間も長くかかります。

施術間隔
1~6ヶ月(患者ごとに差があります。)

回復期間
施術後は顔全体的に赤みが5時間ほど持続します。
施術の強度が高ければ赤みが2~3日ほど持続します。
施術の次の日から日常生活に支障はありません。

施術後の副作用発生の可能性を最小化する注意事項
•帰宅後持続的にアイシング
•保湿クリーム、日焼け止めを十分に塗布
•施術部位を過度にこする行為,サウナ,激しい運動を避けること
•アレルギー、感染などが疑われる場合,直ちに手術を受けた病院に通知
•皮膚に刺激のある化粧品を塗らないこと

副作用( Possible side effects )
•一時的な顔の赤み(3時間~24時間程度)
•皮膚が乾燥する間隔(4週間くらいまで)
•かゆみ(2週間くらいまで)
•アレルギー反応
•感染
3抗生剤&イソトゥレティノイン
にきびの菌をターゲットに必要に応じて抗生剤を服用することができます.


にきび菌はにきびの発生に重要な病因であるため、にきびが急速に沈んでるのをほとんど感じられます.


イソトゥレティノインはPDTと同様、にきびの4つのプロセスを全て遮断できるが、様々な副作用の可能性のために他の治療を試みても反応がない時服用を勧めて上げます.
4はく皮&押出& レーザー等

押出とはく皮ににきびが悪化するのを予防します.


にきびの治療の基本過程だといえます.


にきびにいいという無数のフィーリング方法があります.


Butresurfacing、押出だけで女に立ち寄ったことが目立って好転しことは大変です.


にきび菌、皮脂の分泌がにきび前に重要な要因であるからです.


一般的に
AHA、BHA、ジェスノフィーリングなどを利用して
アクアフィーリングも良い道具になることができます.

各種レーザー、治療等が存在しますが
現在のPDT施術ほど効果的ではありません。
PDT治療の施し方次第で
多様な効果を得られることができます。
5イノプラス(INNO Plus)
이노 플러스 イノプラス施術はコバヤシ絶縁針を利用した治療と類似します。
針先から高周波が出る施術で皮膚真否、毛穴、皮下脂肪層へ直接挿入し熱エネルギーを 発生させます。
目の下の皮下脂肪層に施術し、歳を取ると発生する目の下が出てくる 現象を緩和させることもでき、皮脂腺を選択的に破壊しニキビにも効果を現します。
また化膿性ニキビが無い場合でもホワイトヘッド、
ブラックヘッドの緩和にもつながり 、毛穴縮小を誘導することが可能です。

ニキビ施術を目的にした場合はイノプラス施術前あるいは施術後に追加的に 圧出、アクアピール等の施術が必要です。
施術後一時的に悪化することもあり、
このような場合抗生剤の服用が 必要となることもございます。

効果
•ニキビ
•目の下の出ている部分(eye bag)

施術後経過
•目の下の出ている部分(eye bag)
小さな痣が発生することがざいます。痣が完全に消えるまでの期間としては15日程必要です。
効果を高めるため施術を強くする場合、施術した部位がエンボスのように浮き上がり1ヶ月程 持続することがございます。
•ニキビ

施術後1~3日経過しながらニキビが悪化する状態が発生することがございます。
この場合は 抗生剤の処方が必要になります。

Copyrights ©2014 ~ 2016 JD Clinic Myeong-Dong