美白 & 毛穴クリニック    美白 & 毛穴 & しわ - 色素, 突出したイボの除去

기미 / 색소 / 미백 소개
色素, 突出したイボの除去
美白の基本は色素病変(しみ、そばかす、くすみ、赤みなど)の除去です。 それぞれの色素は固有の特性を持っていて、人ごとに反応の違いがあります。

傷跡、毛穴なども顔の印象に影響を及ぼし治療をしなくてはならないですが、 優先順位をおくと美白治療を先に行うほうが満足度が高いです。 基本的に表皮色素、真皮色素で区分され治療を進行します。

そして、適切なレ-ザーや光を利用した治療計画を立てます。 色素の特性、適切な機器の選択、適切な医者のテクニック、施術後の管理などの結果に影響を及ぼします。
1色素病変の除去(シミ, 老人性色素斑, そばかすなど)
美白(色素除去)
• 顔には、ホクロ、シミ、そばかす、老人性色素斑、脂漏角化症、血管腫、太田母斑、いぼなどの様々なくすみが存在します。
• 患者さんがこのような様々な病変を区別することは現実的に不可能です。
• 正確ではありませんが、簡単に説明します。
• 最終的には病変ごと、人ごとに経過、結果の違いがあります。
• 皮膚のすべての病変は再発の可能性があります。
(1) 左右、両側に広く広がっている平らな色素は「シミ」と考えればいいです。
• 平均70%程度が除去を目指します。
• 通常、様々なレーザーを使用して複数回治療が必要です。
• 正確な治療回数を予測するのは困難です。
• 患者さんの状況や希望される効果によって、ダウンタイムのある施術をしたり、ダウンタイムのない施術をしたりします。
• 1回の治療で良い効果を期待する場合には様々なレーザーを用いた施術が必要で、通常はダウンタイムが5~7日ほど生じます。
• 繰り返しの治療を受けられない日本人の場合には、1回の治療で CO2フラクセルレーザー、CO2レーザー、エンディヤグ(Nd-Yag)レーザー、レーザートーニング、美白薬物浸透などの治療を行います。


1) 色の濃いシミ:ND-YAGレーザー、CO2レーザー、CO2プロフェッショナルレーザーのうち、1~3種類のレーザーの同時使用が必要です。
• 痛み:20~60 (0:痛みなし、100:非常に激しい痛み)
• 施術時間:麻酔クリーム40分、施術30~60分
• ダウンタイム:赤い跡、かさぶたは3~7日です

2) 色の薄いシミ
① ND-YAGレーザー
• 痛み:10~30(0:痛みなし、100:非常に激しい痛み)
• 施術時間:麻酔クリーム40分、施術10~30分
• ダウンタイム:赤い跡は3~7日です
② レーザートーニング+美白薬浸透促進
• 痛み:10~20(0:痛みなし、100:非常に激しい痛み)
• 施術時間:麻酔なしですぐ実施、施術時間30~40分
• ダウンタイム: なし
(2) 広く広がっておらず、分散して徐々にあり、平らな色素は「ホクロ、そばかす、老人性色素斑、血管腫(赤い点)、太田母斑」などの色素があります。
• これらの色素はほぼ90~100%の除去が可能です。
• 1回治療で通常30~80%が除去できます。
• 通常、ND-YAGレーザーとCO2レーザーの2種類を利用して治療を行います。
• CO2レーザーとエンディヤグレーザーを併合する理由は、色素をすばやく除去し、炎症後の過色素沈着の副作用を最小化するためです。
• CO2レーザーは1ヶ月以上間隔、エンディヤグ(Nd-Yag)レーザーは2週間以上間隔をあけて行います。

ダウンタイムと痛み
• 痛み:20~60 (0:痛みなし、100:非常に激しい痛み)
• 施術時間:麻酔クリーム40分、施術30~90分
• ダウンタイム:赤い跡、かさぶたは5~7日
• 効果:1回の治療で30~80%除去
• 施術間隔:1ヶ月以上
(3) 平らではなく跳ね上がっている肌色、茶色、黒色などの病変には、いぼ、軟性腺維種、脾粒腫、汗管腫、脂漏角化症などがあります。
• これらの色素は1回の治療で、80~100%の除去が可能です。
• 通常、ND-YAGレーザーとCO2レーザーの2種類を利用して治療を行います。
• CO2レーザーは1ヶ月以上間隔で行います。

ダウンタイムと痛み
• 痛み:20~60 (0:痛みなし、100:非常に激しい痛み)
• 施術時間:麻酔クリーム40分、施術30~90分
• ダウンタイム:赤い跡、かさぶたは3~7日
• 効果:1回の治療で80~100%除去
• 施術間隔:1ヶ月以上


※正確な治療方法はカウンセリング後にご案内可能です。
2目の下の隈(ダークサークル)
• 目の下の隈は正確には医学用語ではなくさまざまな原因によっで発生した現象です。
①目の下の色素沈着、
②目の下の静脈が透き通った現象、
③目の下の脂肪が突出して、突出した真下の部分が暗く見える現象などをすべて目の下の隈と認識されています。
• ほとんどはメラニン色素除去だけで満足のいく結果が得られます。
• 効果少ないのと不自然な結果のため、フィラーの使用はお勧めしません。


(1)メラニン色素除去
施術の特徴
• ND-YAGレーザーを使用して治療を行います。
• 完璧な治療のためには、何度も施術が必要です。

ダウンタイムと痛み
• 痛み:20~60 (0:痛みなし、100:非常に激しい痛み)
• 施術時間:麻酔クリーム40分、施術30分
• ダウンタイム:赤い跡、かさぶたは3~7日
• 効果:1回の治療で30~80%除去
• 施術間隔:1ヶ月以上

(2)静脈除去
副作用の危険性があるため、一般的にはお勧めしません。

(3)目の下の脂肪除去
JDクリニックでは目の下脂肪除去手術は行っていません。
3レーザー施術後の経過と管理方法
ND-YAGレーザー
▪ ND-YAGレーザー施術後は、赤い跡が3~7日ほど続きます。 そして、たまにかさぶたができることもあります。 かさぶたができたら、できるだけ長く(5~7日)保つことが良い結果につながりますので、かさぶたの管理には気をつけてください
▪ 赤い跡とかさぶたがある期間(0~2日)には、当院で施術後にお渡しする軟膏を、朝と夜の1日に2回、2日間(計4回)、施術部位に塗ってください。 2日間は洗顔後に軟膏を先に塗り、その後保湿剤を塗ってください。
▪ 赤い跡とかさぶたができる時期(3~7日)には日焼け止めは塗らずに保湿剤だけを塗ってください。
▪ 赤い跡とかさぶたがなくなってから保湿剤+日焼け止めをしっかりと塗ってください
▪ 美白軟膏を勧められた場合は、赤い跡、かさぶたがなくなった後、美白軟膏+保湿剤+日焼け止めをしっかり塗ってください。 この時期からはメイクをしても大丈夫です。
▪ 普段のケアも美白軟膏+保湿剤+日焼け止めをしっかり塗ってください。 上記の化粧品以外に他の化粧品を塗りたい場合は、なるべく施術15日以降に塗ってください。
▪ 保湿化粧品はトナー、クリーム、ローション、マスクパックなど、保湿を目的とした化粧品であればどのような種類でも大丈夫です。

※ND-YAGレーザー施術後のケア手順の要約
① 施術直後0~2日(赤い跡、かさぶたが存在する状態):軟膏+保湿剤(朝、夜の1日2回)。
肌が乾燥している場合、保湿剤は1日2回以上塗っても大丈夫です。 ② 3日~7日(赤い跡、かさぶたが存在する状態):保湿剤(朝晩1日2回)
③ 8日~15日(赤い跡、かさぶたがなくなってから):
▪ 朝:洗顔後(美白軟膏+)保湿剤+日焼け止め
▪ 夜:洗顔後(美白軟膏+)保湿剤
美白軟膏は通常1日1回、夜に塗ることをお勧めします。もしあまり痛くなければ、朝晩2回塗っても大丈夫です。
④ 16日以降から:保湿剤と日焼け止めは必ず塗った上で、他の化粧品を追加することができます。

施術過程
▪ 麻酔クリーム:40分
▪ 施術時間:10~30分
▪ 鎮静管理:20分
CO2レーザー、CO2フラクセルレーザー
▪ CO2レーザー施術後はかさぶたが5~7日ほど続きます。 かさぶたができたら、できるだけ長く維持することが良い結果のつながりますので、かさぶたの管理には気をつけてください
▪ かさぶたのある時期(0~2日)には、当院で施術後に差し上げる軟膏を、朝と夜の1日に2回、2日間(計4回)施術部位に塗ってください。 2日間は洗顔後に軟膏を先に塗り、その後保湿剤を塗ります。
▪ かさぶたができる時期(3~7日)には日焼け止めは塗らず、保湿剤だけを塗ってください。
▪ かさぶたがなくなった後、保湿剤+日焼け止めをしっかり塗ってください
▪ 美白軟膏を勧められた場合は、かさぶたがなくなった後、朝、美白軟膏+保湿剤+日焼け止めをしっかり塗ってください。この時からはメイクをしても大丈夫です。
▪ 普段のケアも美白軟膏+保湿剤+日焼け止めをしっかりと塗ってください。
上記の化粧品以外に他の化粧品を塗りたい場合は、なるべく施術15日以降に塗ってください。 ▪ 保湿化粧品はトナー、クリーム、ローション、マスクパックなど、保湿を目的とした化粧品であればどのような種類でも大丈夫です。

※ CO2レーザー、CO2フラクセルレーザーの管理手順の要約
① 施術直後0~2日(かさぶたが存在する状態):軟膏+保湿剤(朝、夜の1日2回)。
肌が乾燥している場合、保湿剤は1日2回以上塗っても大丈夫です。
② 3日~7日(かさぶたが存在する状態):保湿剤
③ 8日~15日(かさぶたがなくなってから):
▪ 朝:洗顔後(美白軟膏+)保湿剤+日焼け止め(+メイク)
▪ 夜食:洗顔後(美白軟膏+)保湿剤
美白軟膏は通常1日1回、夜に塗ることをお勧めします。あまりヒリヒリしたりしなければ、朝晩2回塗っても大丈夫です。
④ 16日以降から:保湿剤と日焼け止めは必ず塗った上で、他の化粧品を追加することができます。

施術過程
▪ 麻酔クリーム:40分
▪ 施術時間:10~30分
▪ 鎮静管理:20分
CO2レーザー+ND-YAGレーザーを同時に使用した場合
▪ CO2レーザーとND-YAGレーザーを同時にした場合、かさぶたと赤い跡が5~7日ほど続きます。 かさぶたができたら、できるだけ長く維持することが良い結果につながりますので、かさぶたの管理には気をつけてください
▪ かさぶたと赤い跡がある時期(0~2日)には、当院で施術後にお渡しする軟膏を朝、夜の1日に2回、2日間(計4回)施術部位に塗ってください。 2日間は洗顔後に軟膏を先に塗り、その後保湿剤を塗ります。
▪ かさぶたと赤い跡がある時期(3~7日)には日焼け止めは塗らず、保湿剤だけを塗ってください。
▪ かさぶたと赤い跡がなくなった後、保湿剤+日焼け止めをしっかり塗ってください
▪ 美白軟膏を勧められた場合は、かさぶたと赤い跡がなくなった後、朝、美白軟膏+保湿剤+日焼け止めを塗り続けてください。この時期からはメイクをしても大丈夫です。
▪ 普段のケアも美白軟膏+保湿剤+日焼け止めをしっかりと塗ってください。 上記の化粧品以外に他の化粧品を塗りたい場合は、なるべく施術15日以降にってください。
▪ 保湿化粧品はトナー、クリーム、ローション、マスクパックなど、保湿を目的とした化粧品であればどのような種類でも大丈夫です。

※ CO2レーザー+ND-YAGレーザー施術後ケアの手順の要約
① 施術直後0~2日(かさぶたと赤い跡が存在する状態):軟膏+保湿剤(朝、夜の1日2回)。
肌が乾燥している場合、保湿剤は1日2回以上塗っても大丈夫です。 ② 3日~7日(かさぶたと赤い跡が存在する状態):保湿剤
③ 8日~15日(かさぶたと赤い跡がなくなってから):
▪ 朝:洗顔後(美白軟膏+)保湿剤+日焼け止め(+メイク)
▪ 夜:洗顔後(美白軟膏+)保湿剤
美白軟膏は通常1日1回、夜に塗ることをお勧めします。あまりヒリヒリしたりしなければ、朝晩2回塗っても大丈夫です。 ④ 16日以降:保湿剤と日焼け止めは必ず塗った状態で、他の化粧品が追加される場合があります。

施術過程
▪ 麻酔クリーム:40分
▪ 施術時間:10~60分
▪ 鎮静管理:20分
治療
1CO2レーザー
CO2レーザーの特徴
• 皮膚の外側(表皮)色素除去に使用されます。
• 表皮色素の例はほくろ、そばかす、表皮性しみ、黒イボなどがあります。
• 色素一つ一つを消すため、完全な表皮色素除去に必要です。
• IPL, CO2 フラクショナルレーザーは色素一つ一つをターゲットにするのが難しいです。
• 普通はCO2レーザーとCO2フラクショナルレーザーと並行して表皮色素除去が行われて


施術の後に注意事項
•施術後1-3日程度洗顔(水接触)をしない方が皮膚再生に役立ちます。
•施術後0-3日後にかさぶたが形成されます。 1週間程度、可能な限り長く維持することにより傷が目立たず、元の状態に近くなります。また飲酒、喫煙は避けてください。
•CO2レーザー治療後の管理が非常に重要です。過度な活動は避け、保湿剤と日焼け止めをできるだけ数回にかけて塗ってください。そうすることで、色素沈着など副作用の症状を軽減できます。
•傷が生じない程度の施術をするため、2次以上の施術が必要な場合があります。通常4週間〜8週間後に再び施術を行うことになり、再発した場合も同様です。
•施術後の細菌感染、あるいはヘルペスなどのウイルス感染で傷が悪化する可能性があります。その場合は迅速な治療が必要ですので施術部位に水ぶくれができたり、熱が下がらない場合、来院してください。
•肌色の変化 - レーザー治療後、肌の色が赤や茶色に変化(炎症後過色素沈着)することがありますが、通常1週間-3カ月ほど、まれに6カ月以上持続する場合もあります。ほとんど1年以内でなくなりますが、迅速な回復をご希望される場合は、追加の治療を受けることができます。
1回の施術だけでも表皮色素改善を誘導できます。
2Nd-Yagレーザー
Nd-Yagレーザーの特徴
•肌の内側(真皮)色素の除去に使用されます.
•真皮色素の例は誤撃母斑、真皮性の兆しなど多様な色素があります.
•Nd-Yagのレーザーはレーザートーニングをはじめ、・多くの様々な用途に使われることができます.
•腕や脚などの表皮色素(黒字など)に効果的に使用されます.
•施術者が知識と経験が治療の結果に多くの影響を及ぼします.
•真皮色素の除去はほとんど3回以上の施術を必要とします.
•顔の多くの色素が表皮と真皮にもわたっているために・ほとんどの色素治療は表皮治療と真皮治療が同時に進行されます.


施術の後に注意事項
•洗顔と化粧は可能ですが、肌に刺激を与えることはお避け下さい。
•施術後、一時的に1〜3日間赤い跡が出来る場合がありますが、時間が経つにつれて自然になくなります。
•ピーリングの効果のある化粧品、薬物のご使用は施術後、3日位 避けて下さい。
•外出するときは、30分前SPF 50以上の日焼け止めを塗って、長時間の外出時には2-3時間ごとに重ね塗りしてください。
•施術後、色素病変が1~2週間濃くなる場合がありますが、この現象は皮膚の底の色素病変にかさぶたが出来レーザーがしっかり効いた証拠です。3週間後にはこの現象がおさまります。
3IPL
IPLの特徴
•IPL皮膚の外側の(表皮)色素に使用されます.
•IPLはうまく使えば血管の除去、表皮色素の除去、脱毛、美白に卓越した効果を見えます.
•濃い色の表皮色素はよく削除されますが、浅い色の除去が大変で、皮膚やけどの危険性が増加します.
•濃い表皮色素は1回の施術でもほとんど除去が可能です.

施術の後に注意事項
•施術後、病変部位(ほくろ、シミ、そばかすなど)が濃くなったり、かさぶたができる場合があります。この症状は施術後に起こりうる現象ですのでご心配しないでください。この現象を出来るだけ長い期間保つとより良い効果が得られます。
•ひげのある部位を治療すると、全体的に、あるいは部分的に毛が抜ける場合があります。時間が経つにつれて回復しますので、心配しないでください。
•帰宅後も顔のほてりや痛み、腫れが続く場合があります。その時、氷でマッサージをすると、症状の緩和に効果的です。
•施術後、軽い洗顔や化粧は可能です。過度にこすったり、サウナ、激しい運動、飲酒、喫煙は避けてください。
•施術後日焼け止めをしっかりと塗ることで、過色素沈着などの副作用を防ぐことができます。
4CO2フラクショナルレーザー(CO2 Fractional Laser)
CO2フラクショナルレーザーの特徴
•皮膚の外側の(表皮)色素の除去に使用されます.
•部分的に除去するco2レーザーとは違って、co2プレクショナルレーザーは普通'顔全体'の表皮色素を削除します.
•co2レーザーとともに、相互補完的いいので普通ともに使用されます.
•1回の施術でも顕著な改善を感じることができます.
•顔全体に微細なレッテルが7日程度生じることから、個人的な日程を考慮して施術することがいいです.
5レーザートーニング、スペクトラトーニング
レーザートーニング、スペクトラトーニングの特徴
•皮膚の内側(真皮)色素を除去します。
•日常生活に支障はありません。
•ダーマンレイザートーニング、スペクトラトーニングでは 真皮色素を除去しますが、たいていの場合限界があります。
6その他
•ソフトピーリング

•マイクロニードル高周波
☞スカーレットレーザーは顕微針(microneedle)を真皮中に浸透させて「高周波」を発生させる機器として, 既存の「MTS」と「高周波」施術効果を同時に誘導できます。

•DNA(PDRN, Polydeoxyribonucleotide)注射

•イオン泳動,電気泳動,幹細胞培養液,各種美白物質浸透など
☞イオン泳動法(バイタルイオント)はビタミンC成分を電流を用いて肌に浸透させる施術で, ほとんどの場合施術即時から美白効果を感じられます。
☞美白物質の浸透方法は電流、超音波、皮膚の穿孔などの方法があります。
☞ビタミンC、アルブチンなど各種の美白物質を使用できます。
☞他の施術と同じで適切な材料、機器、テクニック、が備わってこそ良い結果を導くことができます。

Copyrights ©2014 JD Clinic Myeong-Dong. All rights reserved.