体型 & 肥満クリニック    顔型 & 体型矯正 - 顔 & 頸

소개
顔と頸の皮下脂肪を除去する理由
  • 美学的な改善
  • 改善によって,正面から見る顔はお客様の希のV型やほかの要望のラインに作らせていただきます.

    
改善によって,
    側面から顎のラインは明らかに見えて,
    顎と頸の間の角度も希望の角度に調整できます.
  • 太っている印象の除去と予防
  • 体重は少しでも増えてば,
    顎周辺の皮下脂肪は厚くなりがちです.

    
人は体質によって,
    先天的に顎周辺の皮下脂肪は発達する人間はいます.

    そしたら,
    太っているような錯覚をもたらし,
    過大なストレスを誘います.

    顎周辺の脂肪除去することでスリム感を営み,
    日常生活のストレス軽減には大きな効用があります.
  • 老化印象の除去と予防
  • 二重顎は年をとるにつれて深くなリます,老化の代表的部位でもあります.

    この部位の皮下脂肪の除去を通じてナチュラルな若さを作り上げます.
施術の種類と長短所

※ 顔で1−2ミリの差異も視覚的な変化をもたらす,なので施術種類を選択する際は注意を払うべきです.

1脂肪破壊術
◈脂肪破壊術の特徴
•細いカニューレ(cannulae)を使用し脂肪細胞を直接破壊する施術です。
脂肪吸引と同様に永久的な効果があります。
•主に顔(頬、横顎、二重あご、耳下脂肪、ほうれい線脂肪)部位に施術し、顔以外の体の部 位(足首など)にも施術可能です。 また、より早く効果を得るために、冷凍脂肪分解術直後 にご希望の部位(腕、腹部、太ももなど)を施術することもできます。
•JDクリニックで開発した施術で、顔の部分の施術結果は脂肪吸入と比較すると効果も良く、副作用も少ないです。(現在まで発生した副作用はありません。)
•睡眠麻酔をせずに部分麻酔で施術をするため、全身麻酔による副作用の心配もありません。
•脂肪吸引のように切開の傷跡が残らず、でこぼこする可能性もありません。 施術直後から日常生活が可能です。


◈施術部位と時間
•ほうれい線脂肪:20分
•横頬骨脂肪:40分
•横あごの脂肪:60分
•二重あご脂肪:60分
•耳の下あごの脂肪:60分
•体の脂肪破壊術:60分
•冷凍脂肪分解術+LL注射+脂肪破壊術(希望する部位):冷凍脂肪分解術時間+60分


◈施術中の痛み、施術後の痛み
•施術中の痛みはほとんどなく、施術後の痛みが12時間ほど続くことがあります。
•施術後の痛みはアイシングをすると消えていきます。


◈施術間隔
•同一部位:4-8週間
(6ヶ月まで待ってから再施術しても構いません)
•他の部位:いつでも可能


◈施術回数
•患者の期待値によって異なります。
•通常は1~2回施術を行い、期待値が高い場合は3回以上になる場合があります。


◈施術前の注意事項
•顔にフィラー施術をされた方は事前にお知らせください。
脂肪破壊術をするとき、腫れが早くなくなる薬を一緒に投与しますがこの薬がヒアルロン酸フィラーを溶かしてしまいます。 フィラー施術をした場合は、腫れが早くなくなる成分を抜いて施術します。


◈施術過程
•1段階
施術部位をデザインします。
•2段階
カニューレが挿入される部位に部分麻酔をして、小さな針で穴を開けます。
•3段階
穴からカニューレを挿入し、LL注射と麻酔剤が混ざった溶液を注入します。
•4段階
カニューレを行ったり来たりさせながら、脂肪細胞を永久に破壊します。
麻酔剤が混ざっていて痛みはほとんどありません。


◈施術後の注意事項
•再生テープや防水バンドを付けたままでしたら、洗顔、シャワーなどしていただいても大丈夫です。 これらは24時間後に取り外してください。 再生テープや防水バンドを付けていない状態であれば、24時間の間は穴をあけた部位に水が入らないよう気をつけてください。
•施術部位を温めたり マッサージ、施術などは避けてください。
サウナ、温泉も1ヶ月間は避けてください。
施術部位を温めると、効果が落ちたり通常より遅くあらわれることがあります。


◈施術後経過
•施術直後吐き気、めまい:
施術の溶液、あるいは心理的要因のために発生することがあり、1時間ほどすると自然になくなります。
•むくみ:
通常3日ほど続きますが、人によっては1カ月くらいまで軽い腫れが残っていることがあります。 施術直後からアイシングを48時間ほどしていただくと、腫れがすぐに取れます。
•あざ:
通常、15日間ほどかけて徐々に完全に消えていきます。 施術直後からアイシングを48時間ほどすると、早くなくなります。 通常、あざは重力により施術部位より少し下にでき施術した面積よりも広くなってきます。
•針で穴をあけた部分の色素沈着: まれに針で穴をあけた部分の色素沈着ができ数ヶ月間持続することがありますが、徐々に自然に消えます。
•かたまり(しこり)ができる:
まれに施術部位にしこりができることがあり1ヵ月以上続くことがあります。 これは炎症反応によって発生するもので、後に自然になくなるのでそのままにしておいても大丈夫です。消炎鎮痛剤を飲むと早く消えることはありますが、消炎鎮痛剤を服用すると効果が減ることがあります。
•持続する痛み:
軽い痛みは1ヶ月以上続くことがあります。 通常は痛み止めの服用は必要ありませんが、もし我慢できないほどの痛みでしたらアセトアミノフェン(acetaminophen)は服用していただいても大丈夫です。


◈施術後の効果
一般的に施術後1ヶ月が経過すると、自分でも感じ、他の人も感じるほどの効果があります。6ヶ月まで継続的に施術部位の脂肪が減っていくのを感じることができます。 人によっては効果を感じる時期が遅くなることがあります。
2冷凍脂肪分解術(ミク,クルラトゥなど)
冷凍脂肪分解術は機械の特性によって行い
, 皮下脂肪の除去を目標とし,顔と頸には不適切です.


冷凍脂肪分解術

本病院の施術時間は65分,最大化の効果を求めます.

(65分以上施術を行うと施術直後の痛みがひどくなります。)


本病院豊かな経験を活かし,皮膚の凍傷を最小限に.


12台の器械を保有し,2時間以内に全身の手術を完成できます.

脂肪抽出術の安全上の考慮で,ほとんどの場合は一回は一つの部位にだけ施術します.

冷凍脂肪分解術は6台(を同時に利用して1日にたくさんの部位(全身)施術が可能です。


手術部位のデザインが終わったら,
代表院長が直接施術します.


術後のシャワー施設も備え,
随時使用できます.


 ジェルパッドは絶対再利用しない


※ 施術後の注意事項
• 施術部位に施術した跡が5日程持続することがあります。(カッピングした跡と類似)腕部位にはほとんどすべての患者に痣が生じ、15日程で徐々に消えていきます。
一般的に腕以外の他の部位は施術跡が軽微です。個人差もあります。
• 1ヶ月間は入浴、サウナ、チムチルバンはお控えいただき、温かい刺激を与えないようご注意ください。施術効果が落ちてしまう可能性があります。簡単なシャワーは可能です。
• 1か月ほどは消炎鎮痛剤の服用を避けてください。炎症反応を起こして脂肪細胞が消滅していくため消炎鎮痛剤を服用することにより効果が落ちてしまうことがあります。 鎮痛剤が必要な場合はアセトアミノフェン(acetaminophen,タイレノール)を服用してください • 施術後、最も現れやすい副作用は施術部位が麻酔をしたような麻痺したような現象です。通常1~8週間程で100%消失します。稀に感覚が上がる現象や痛覚、かゆみ、ヒリヒリした感覚等が現れることがありますがこれも時間が経つにつれ完全になくなります。
• 施術後すぐ日常生活、運動をすることができます。


3脂肪抽出
顔(横あご、二重あご)脂肪抽出は大部分効果がよい.

でもPPC注射と同時に行えば,細かい部位の効果は退化の恐れがあります.



水光病院は安全上の考慮で全身麻酔を行わず,患者の意識明確の状態で手術をします.


同時に術後デコボコなどの副作用,大部分は脂肪抽出機器を使用せず,人工方式で行うため,手術時間は長くなります.
4LL注射
LL注射

*LL注射はJDクリニック明洞店の10年間の研究と経験を元に作った脂肪溶解注射です。

*基本的に冷凍脂肪分解術直後に注射をすると脂肪溶解効果が早く、たくさん現れようになります。

*LL注射は浸透圧、細胞膜、電位差を利用し脂肪細胞破壊を促進する注射です。

*最大の効果を出す為に500ml溶液の中に1日で使用することのできる薬物の最大量を含んでいます。従って、500ml以上の投与をすればめまいや嘔吐等の症状が現れます。

*注射で膨らんだ部位は6時間程かけて徐々になくなっていきます。

*稀に一時的に吐き気、めまい等の症状が現れる可能性があります
5ブイオレット (V-OLET, Deoyxcholic acid) 注射
施術可能な部位
二重あご

必要量
1回、2-3vial

施術方法
二重あご部位に1センチ間隔で注射

施術後経過
-施術直後~2日:施術部位が腫れ、痛みや熱感が増す
-2-4日:腫れが引き始め、痛みや熱感がおさまり始める
-7日目:施術前のサイズに回復
-その後サイズが減少し始める

施術時間、間隔、回数
-施術時間:麻酔クリーム40分+施術時間30分(計1時間10分ほど)
-施術間隔:4-6週
-施術回数:1~3回(計6回まで可能)
-施術容量:一日に5vialまで注射可

施術が不可能な場合
-妊娠の可能性がある方や妊娠中の患者、授乳中のかた
-18歳未満の小児、青少年の方
-施術部位に感染症がある場合

施術後注意事項
⊙施術直後全体的に腫れ、痛み、痒み、赤み、熱感などの症状があらわれます。
痛みや、痒みが心配な方は、acetaminophen (タイレノールなど) 抗ヒスタミン薬を処方させていただくこともあります。
⊙施術部位を冷やしていただくと痛みをやわらげるのに役立ちます。また痒みがひどくなる場合は薬の処方が必要になることもあります。
⊙施術当日、シャワーはお控えください。
⊙その他ご自身で判断が難しい場合は病院にご連絡ください。

副作用
1) 施術部位に現れる副作用
*施術直後から発生する、痛み、熱感、痒み [通常3-5日ほど持続します]
*紅斑 [赤み-通常3-5日ほど持続します]
*浮腫 [腫れ-通常3-7日ほど持続します]
*皮膚のツッパリ感(skin tightness)
*蕁麻疹 [通常3-5日ほど持続します]
*あざ [通常2週間ほど過ぎると徐々にきえていきます]
*痒み
*麻酔が効いたような感覚、鈍麻
*血腫 [通常2週間ほど過ぎると徐々にきえていきます]
*痛み [様々な程度で現れる。注射した部位だけではなく、注射した部位の下側に発生することもあります。通常3-5日ほど持続]
* 炎症性小結節 [かたまりができる-1か月ほど過ぎると徐々にひいていきます]
*皮膚の壊死 [表皮に近い部分に施術を行ったり施術部位が過度に圧迫された場合など]
*色素沈着 [6-12か月ほど過ぎるとなくなっていきます]
*感染による 脂肪織炎(panniculitis)
* 血管新生(angiogenesis)、静脈(vein)が目立ってくる
*神経損傷、筋肉麻痺 [下顎骨神経の損傷により発生することがあり、平均的に44日ほど持続し、まれに300日ほどまで持続することがあります。]
*嚥下困難 [食べものを飲み込みにくくなること、一般的に3日ほど持続しますがまれに3か月まで持続することもあります。]
*注射部位の脱毛症 [症状発生時期と症状持続期間は個人差があり、回復しない可能性もあり得ます。
2)全身に現れるな副作用
*頭痛
*吐き気
*嘔吐
*失神(syncope)
*アレルギー反応
*アナフィラキシーショック
*血圧上昇

6脂肪注射
顔でなくなった脂肪を補充するため,大体シワ予防と脂肪注射という2つの方法があります.

各自長所と短所があります.

Copyrights ©2014 JD Clinic Myeong-Dong. All rights reserved.