リフティングクリニック    皮膚リフティング - 皮膚ボトックス

스킨 보톡스 소개
皮膚ボトックス
ボトックス(ボツリヌストキシン)施術は知らない人がいないぐらい大衆化しました。
それぐらい効果、安全面で立証されていると言え、使用用途も増えています。


ボツリヌストキシン(botulinum toxin)は基本的に「筋肉弱体化+汗腺」機能抑制があります。
筋肉が弱体化すると筋肉体積が減り(あご、ふともものライン改善に作用)、しわが改善されます。
汗腺が抑制されると汗分泌が減り多汗症の治療に使用されます。


ボツリヌストキシンを筋肉に注射せず、
1~2cm間隔で皮膚内(intradermal)に薄く注射する方法をスキンボトックス(ドモトキシン)といいます。


スキンボトックスは適切に施術した場合
顔にツヤが出る感じ、ハリがでる感じなどのさまざまな卓越した効果によって
多くの頻度で施術が行われます。

ボトックスの美容的な用途
  • 美学的に改善


    筋肉のボリュームを減らしてきれいなラインを作るためです。
    あご、ふくらはぎ、僧帽筋などに使用します。
    あごボトックス、ふくらはぎボトックス、僧帽筋ボトックス
  • 汗分泌減少
  • 
多汗症ボトックス、汗ボトックスなどと呼ばれ,脇,掌,足の裏,顔,頭皮などに使用されます。

    施術を受けた部位の汗の分泌が減ります。

  • 弾力、毛穴縮小、ツヤのある肌
  • 「スキンボトックス」、「デモトキシン」などと呼ばれて主に顔の部位に施術します。

    この施術は筋肉に注射するのではなく,皮膚に注射をします。
1スキンボトックス効果

リフティング

毛穴縮小

にきび好転,皮脂減少,汗の分泌減少
しわ(小じわ, ほうれい線など)

顔面の赤みの好転

2JD Clinic 病院の施術の特徴

・1回の施術時で50~80ユニット程度の十分な量を注射します。


・口の下の周りは施術できません
(表情が不自然になりることがあります。)



・肌にツヤが出る感じ、肌のハリ感を施術即時に感じることが出来ます。
3手術の過程、所要時間

施術過程
・表面麻酔30分
・施術時間30分

施術間隔

・3~6ヶ月(人によって違いがあることがあります。)

回復期間
・たいてい施術後すぐに日常生活が可能です。

たまに数箇所の針の跡,あざが小さくできることがあります。
4注意事項
副作用防止のため、施術後3~4時間は寝ていません.




注射部位を過度にさすったり押していないように注意してください.


1~2日以内熱い湿布やサウナは避けて下さい.




えらの手術の際に硬い丈夫な食べ物は避けたほうがいいです.




手でしわを展開してみて残っているジュルムソンは追加でピラーを利用した手術が必要です.




切開法で二重まぶた手術を受けた場合、眉間部位注入時の目がよく覚めないの副作用が生じることができます.

5作用機構

・筋肉麻痺

・広い首筋(platysma)の麻痺、内側の筋肉の麻痺、しわの改善、弾力増加

・起毛筋(arrector pili)の麻痺

・物理的な毛穴の縮小,肌のきめの改善

・皮脂腺に存在する(acetylcholine) 受容体と適用

・皮脂分泌、にきび、毛穴収縮の可能性

・エクリン腺に作用して汗減少

・皮膚が若干乾燥する、テカリ減少,弾力増加

・表皮の角質形成細胞の活動抑制

・毛穴のつまり、にきび減少、毛穴縮小

・顔、首などの赤み減少

・血管の拡張物質分泌の遮断

6作用期間

一般的に3~6ヵ月間持続されます。
一部の患者は8~9ヵ月、12~14ヵ月、18ヵ月まで持続する場合もあります。
7安定性
美容目的で使用する容量は、致死量と推定される量の1~4%程度です。


成人に致死量はボトックス28本、ディスポトゥ9.52本ぐらいを使用する容量です。
8製品種類
ディスポトゥ(Dysport)–、英国Ipsen製造

ボトックス(Botox)–米国Allergan製造

ボトゥルレックス(Botulax)–韓国Hugelの製造

ビティエクスエイ(BTXA)–中国Lanzhou institute製造


マイオブロック(Myoblock)–米国Solsticeneurosciences製造

メディトクシン(Meditoxin)–韓国太平洋製薬製造


ジェオミン(Xeomin)–ドイツMerz製造

その他
*水色の病院は、100%正品だけを使用しており、ご希望の製品を選択可能です。

(製品によってシスルカが異なります。)
9長所

注射だけで簡単に希望する部分のしわが改善が可能で、手術後管理や回復期間が別に必要ありません。


施術時間が短く,日常生活がまさに可能という点が最大の長所です。
10抗体、抵抗性

抗体の生成するか否か、程度に関して多様な報告があります。一般的な指針は次のようです。


可能な最小限の容量を使用する。
治療の間隔を可能な長くしている。
追加治療を避ける。(レタッチなどのために)
11痛み

稀釋時生理食塩水を使用せず、滅菌蒸留水を使用する場合、深刻な痛みが誘発されることができます。



生理食塩水や滅菌蒸留水希釈を比較した結果、効果や効能、作用期間などの結果に差異がないことになっています。

Copyrights ©2014 ~ 2016 JD Clinic Myeong-Dong